エノテカ/お試しワインセット_468_60 ワイン通販 | ハワイの水 | PTSトラベルナビ | にょきにょきバナー

2010年12月16日

スパークリングワイン・シャンパンの比較が難しい

泡は難しいです。

飲みやすいか、口に合うかしか表現のしようがない状態です。

こんなに飲んでいるのに、どの国のどのようなタイプなのかを明確に言い当てることができません。

飲んで美味しいのは確かなのですが・・・

おそらく比較試飲しても同じ辛口タイプなら当たらないでしょう。

舌で感じる感覚が、同じように思います。

ワインは飲めばわかると教えられましたが、スパークリングワインはどうも進歩していないような気がします。

何が違うのか?美味しいスパークリングワインがどのようなものか言えるようにならないといけないと思っています。

大きな課題にぶち当たっているようです。



Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター


アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

posted by ノムリエ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

カレラのコルクがない?

2007年のセントラルコースとも2008年のシャルドネもコルクの栓がなかったです。

ワインオープナーでキャップシールを剥がそうと思ったら、何か先が溝に入る感じがします。そのままグルッと一周させてみると、コルクではないです。

栓のようなものが付いています。

オーストラリアなどで自然保護のため、木を伐採せずにゴム樹脂にしたものは何度も経験していましたが、ウイスキーの栓のようなものが付いているワインは初めてでした。

カレラだけなのでしょうか?それともアメリカのワインが今後、こうなるのでしょうか?

コルクでなくて熟成するのかどうか、ちょっと不安。。。

しかし、この栓のようなもの、飲み残した時に便利です。

他のワインの瓶でも試そうと思います。

高級ワインにしかコルクが付かない時代が来るのでしょうか?


アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

タグ:カレラ
posted by ノムリエ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

【家で飲む、がぶ飲みワイン】1000円以下でお好みワインを見つける

ワインが好きになると、どうしても毎日飲みたくなります。

しかし、2000円以上も毎日出すわけにも行かず、1000円以下で買える美味しいワインはないか?自分の口に合うワインはないか?探し出しました。

当然、1000円以下ですので、口に合わないワインに当たる場合もあります。

何度も何度も繰り返し、見つかった時はラッキー!

いつもまとめ買い。

やはり、ネットであれこれと探されるのがおすすめです。

時間と経費はかかりますが、一度見つかると家計は安定します。

私は、チリワインの1000円以下の好みのワインが見つかってので、それをがぶ飲みワインにしています。

ただ難点は、渋みが強いので、冬場は良いですが、夏場少し耐えれません。
夏は、スパークリングか白になるでしょう。

まだ、夏用でこれっといったものは見つかっていません。
今年の課題かも?

安くて美味しいワインを探す。
それが一番の趣味かもしれません。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。



posted by ノムリエ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

ワインへの投資

まずは、いろんなワインを飲まないと話にならないので、
とりあえず飲むことから投資は始まると思います。

次にワインに関する本やグラスなどを買い集め始めます。

たまに高価なワインなども飲んでみて、その違いに感動する?

美味しいワインが置いてあるお店へ食事に行き、勉強する。

ある程度飲むことができれば、ワイナリーへ足を運ぶ。

そのような方はワインについてもう一人前。後はワインを勉強するというよりも楽しんでおられるのではないでしょうか?

最近、ソムリエを目指されている若い方に会う機会があります。

正直言って、ワインの知識は私の方が詳しいと思います。

私の夢・希望は、何度か通わせていただくうちに、私を感動させるような美味しいワインを出してくれるかどうかです。

ヨーロッパでは、ボトルのワインを最後まで飲まず、少し残すのがマナーとか。
スタッフの勉強のため、次回への糧にしてもらうためにあえてそうしているとか。

ワインは自分が勉強するだけでなく、お店のスタッフに勉強してもらいレベルアップしてもらうという意味もあるようです。

ワインへの最後投資は、ワインを勉強しようとしている方への投資のような気がします。人への投資です。

その方がまた、ワインのレベルを上げていってくれるような気がします。
それがあるからこそ、ワインは生きながらえて成長しているのだと思います。

自分がではなく・・・
周りを文化を成長させようという良い風習があるようです。

自分が勉強した次は、次世代の方への投資!

一通り飲めば終わりかと思っていましたが、ワインは奥が深そうです。

終わりはないようです。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ:投資
posted by ノムリエ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

スパークリングワインに酢豚

夏バテ気味で、酸味のあるものが食べたくて昨日は久しぶりに酢豚にしました。

飲み物をどうしようかと考えましたが、ビールではつまらないので、
試しにスパークリングワインにしてみました。

これっ抜群の相性だと思います。

口の中をさっぱりとしてくれて良いです。

中華料理はワインやシャンパンに合いそうにないイメージがあります。
いつも紹興酒が多く、お店では実験ができません。

でも今度お店へ行った時にスパークリングワイン下さい。
と言っても置いてないだろうな???

スパークリングワインは、1000円ちょっとくらいのやや辛口くらいが一番合うのではないでしょうか?気軽にがぶ飲みワイン感覚で、がぶ飲みスパークリング。

固定概念での相性を決めつけるのは良くないと思います。
失敗や経験から新しい発見があると思います。

いろんな中華料理をスパークリングワインで合わしてみたくなりました。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ:酢豚
posted by ノムリエ at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

【夏におすすめのワインの楽しみ方】ホルモンにワインを合わせる

実は、ホルモン焼きは、ワインによく合うと思います。

夏になると特に、ワイングラスに氷を浮かべて白ワインがお気に入りです。

たぶん、普通の赤身の焼肉とワインよりも合うと思います。
通常の焼肉の場合、タレが付いているため合いづらいのでは?
塩ダレメニューであれば、白ワインで合うと思います。

がぶ飲み氷入り白ワイン。

シーズンに入りました。

ビール代わりにがぶがぶ飲みたい時には最高です。

白ワインは魚系の食べ物に合うと勉強したような気もしますが、
自分なりに一番ぴったりだと思うのは、やっぱりホルモンかなぁ・・・

昔は、白は何に合わせようか迷っていました。
通常の食卓に上がる料理にはもう一つといった感じでした。

でも見つかりました!
白ワイン!ますます重宝しそうな気がします。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。


posted by ノムリエ at 06:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

自分に合うワインの探し方

よく美味しいワインを教えて下さいと言われますが、
いきなりその方の好みがわからないので、お伝えのしようがありません。

そこでヒントですが、以下のことをまずイメージしてみて下さい。

☆今まで美味しくなかったワインや経験を話して下さい。
★自分が合わないタイプ好きでないタイプをおっしゃって下さい。

好みは人それぞれです。
感じ方が違います。

自分の好みでないものを削除して行き、絞り込んでいくのが良いかもしれません。

酸っぱいのは嫌だ! とか
渋いのだダメ!
逆に、薄いのは嫌ヨ! など

ワインのラベルや名前を覚えるのはたいへんです。
写メしても難しすぎて後から読めないことがあります。

でも、飲んだ感想はちゃんと皆さん覚えておられます。
うまいまずい、おいしかったのレベルで良いです。
後は瓶の形などでもOKです。

それをお知り合いの方に伝えられるとプロの方がピッタリのものを探してくれるでしょう。

しかし、ワインそのものがお好きな方は、なんでもおいしいと感じるかもしれませが・・・

お好きなタイプのワインが見つかった方は幸せです。
是非、見つけられて下さい。
自分に合うワインを・・・

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。



タグ:ワイン
posted by ノムリエ at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

とろとろの「モン・ドール」が夏にも食べられる?!

プチ・サパンという夏版モン・ドール!の案内メールが来ました。

早速、購入しました。

癖が少なく、口当たりが軽やかで牛乳の穏やかな風味が特徴の
まさに夏版モン・ドール!!
とろっとろに溶けたところをスプーンですくって食べれば!!
これぞ夏版モン・ドール!
とろり、とろ〜り!!!
濃厚なクリーム感がたまらないチーズ!!!

冷蔵庫に入れても硬くならない?
冬にいつもいただいているモンドールは1回開けて、冷蔵庫に入れると硬くなりますが、この夏版モンドールは硬くなりません。いつもまでもとろとです。

理由は以下のとおりです。

【抜粋記事】
モン・ドール』とは何が違うのかと言いますと、
モン・ドールが「無殺菌乳」で作られるA.O.C.認定チーズ
なのに対し、『プチ・サパン』は「殺菌乳」を使っている
ため、無殺菌乳よりもっと癖が少なく、口当たりが軽やか
で牛乳の穏やかな風味が楽しめるのが特徴です。まさに冬
のモン・ドールが冬らしく濃厚なのに対し、夏のプチ・サ
パンは軽くあっさりと食べやすい夏にぴったりのチーズと
いえます!!


夏は美味しいチーズが食べれないと思っていました。
思いがけない発見でウキウキです。

しかし、追加の注文をしようと思ったら売り切れでした。

メールを注意しながら、いろんなショップで探したいと思います。




タグ:モンドール
posted by ノムリエ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

飲まないワイン

昨日、阪神百貨店へいくと売っていました。

金本選手の2000本安打記念ワイン。

目の前で、そのワインを1本手に取ってレジへ行かれる方を見ました。

でもこのワインは、家で冷やして飲んだりされないんでしょう。

ずぅっとインテリア?

中身はどこのワインなんでしょうか?

飾り物のワインなら本当は中身はいらないのですが・・・

石原裕次郎さんのワインも飾ってあるご家庭があります。

なぜワインなんでしょうか?

ワインなら、日持ちがするから?

それなら焼酎やウイスキーでも良いと思います。

どこかしらワインには夢があるからでしょうか?


ヴィンテージワインや希少ワインをセラーに寝かせてはいますが、
記念ボトルを飾ってはいません。

やはり、私にとってワインは飲むものです。飾るものではないです。

ワインの新しい需要が、新し形で出てくるのでしょうか?

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





posted by ノムリエ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

親友と飲むワイン

昨晩は、何を飲んだのか、覚えていません。
確か、イタリアのモンタルチーノとキャンティだったような・・・・

やっぱりワインは、何を飲んだかではなく、誰と飲んだか!

話が進むと時間も飲んだワインの量も忘れてしまっていたようです。

最高のひとときがおくれたような気がします。

ワインはおそらく一生の友達かもしれませんが、
それ以上に友との縁は続きそうです。

ワインはそれ自体で楽しませてもくれますが、
私にとっては縁結びの神様かも。。。。

お互いが成長しあいながら、たまに飲むワイン。
本当に美味しいワインです。
格別のワインです。

またワインに感謝です。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ:ワイン 親友
posted by ノムリエ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ワインは瓶によって違うのぉ?

まとめ買いした1本を開けました。
完璧です。
コルクの状態も素晴らしいです。

でもほんの数日前に比べたものよりも格段に良いのです。

体の調子かなぁとも思ったのですが・・・

ワインは樽で寝かして瓶詰めされますが、樽ごとに瓶詰なのでしょうか?
たまたま樽ごとに味がほんの少し違っていることはないのでしょうか?

すべてを同じレベルに合わせることは難しいと思います。

厳密にすべてのボトル内のワインが同じとは言えないのかも???

よくロットナンバーなどを打ってあるものがありますが、そのためなのでしょうか?

でもこれもいつもは1本ずつ違ったワインを買っているのを今回はまとめ買いしたおかげです。

また少し勉強になりました。

【昨日飲んだワイン】
シャトー・レ・トゥール・ド・ペイラ・ヴィエイュ・ヴーニュ 2003

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ: ワイン
posted by ノムリエ at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

スーパーのワイン売場に異変

最近、家の近くにできた大型店の食品売場。

売場スペースを見てみると、
輸入ワイン:国産ワイン=2:1 です。

えっ!

こんなに国産ワインを置いても大丈夫かなぁ?
という感じです。

それもほとんどが1000円以下で健康志向タイプのものです。

やはり食品スーパーでは1000円を超えるワインは難しいのかなぁ?

ちなみによく売れてそうなワインは、イエローテイルの880円です。

意外と500円前後の安いワインではなくイエローテイルのシラーズ。
味も好みも進化しているのは確かなようです。

当然、国別になんか置いていません。
一番下の段が一番安くて、高くなれば値段も高くなっています。

食べ物とマッチングなんて、無理なこともしていません。

デイリーで気軽に食卓を楽しむためのものになっているようです。
徐々に定着化してきているような感じがします。

ワインが好きな方は、いつも気軽に買い物かごに入っているのでしょう。

無理せず、自然態で・・・

好きな飲み方で楽しむのが一番だと思います。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。



posted by ノムリエ at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

【食べ物とワインの関係】本当か?嘘か?

昔、どなたかに教えていただいた記憶があります。

色の同じようなものは合う?

ワインの色と食べ物の色が似ていれば、合うというのです。

当然赤ワインは赤色なので、赤色っぽい食材が合うとか。。。。
だから牛肉や羊の肉は合う?

白ワインは、魚介類全般が当てはまる?

ロゼになるとどうなんでしょうか?
薄い赤色?ピンク?

シャンパン・スパークリングは黄金色?

それに野菜類は青色が多く、根菜類は土色?

でも赤い食材はあまりないような気もするのですが・・・

まぐろや鰹は、ひょっとしたら赤ワインに合うのかなぁ?
調理方法次第で赤ワインに合うのかもしれません。

でもこれってワインだけの話なんでしょうか。

栄養士ではないので詳しくありませんが、
赤い食材気にしてみようと思います。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ:ワイン
posted by ノムリエ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

シャンパンにたこ酢

花粉症のため大苦戦中!

味覚障害まで起こっています。

いろいろ調べていると酢の物が良いとか・・・

昨晩は、たこ酢にしました。

でもたこ酢にワインを合わせるとなると、?マークがつきます。

ワインはあきらめ、スパークリングワインにしました。

これならOKです!

意外と合いそうです。

酢の酸と泡がマッチします。
たことシャンパンも合いそうです。

酢の物にワインを合わせるのは無理がありますが、シャンパンなら良いかも?

薬を飲んでも、目を洗っても厳しい日々が続いています。
雨が降っても少し楽になるだけ。。。

この状態いつまでの続くのか???

マスクをまた買いに行かなくては。。。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




posted by ノムリエ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

枯れる前のワイン

昨日は、2本買ってあった残りの1本の
J.カークウッド・ナパ・バレー・メルロー 2001 カリフォルニア
を飲みました。

ギリギリセーフ!
といった感じでした。

2001年物なので大丈夫かと思って気楽に開けました。
グラスに注ぐとグラスのエッやや茶色がかっています。

大丈夫か?

少々不安でしたが、ひと口飲むと美味い!

あと半年飲むのが遅れたら・・・
どうなっていたでしょうか?


若いタイプが好き?
熟成タイプが好き?
と言われれば、若いタイプが好きな方です。
何回かピークを過ぎたもので失敗しているかもしれません。
ピークにくる寸前に飲むのは難しいですね。

いくらセラーに入れていても熟成は進みます。

ワインショップの案内や言葉をそのまま鵜呑みにしていても
ワインは生き物なので、開けてみるまでわかりません。
でもそれが面白いのですが・・・

少し枯れている、ピークを過ぎたようなエッジが茶色くなっているワインの楽しみ方ですが、若いワインとブレンドして飲むのも面白いです。
たまにそうやっています。
飲むに耐えない場合は、特にそうです。
うまいかどうかは別にして、実験・勉強のためにやっています。

でもワインを開ける瞬間のわくわく感は、他のお酒では味わえない楽しさだと思います。自分で納得のいくワインに出会えるための要素は何なんでしょうか?

でも枯れる前に絶対に飲みたいです。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




タグ:ワイン
posted by ノムリエ at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

ワインは飽きる?

ビールは、毎日同じ銘柄を飲んでも飽きません。
逆に、いつも好みの銘柄にこだわって飲む方の方が多いと思います。
日本酒や焼酎、ウイスキーもそうだと思います。

ところがワインは、気に入ったものでも毎日飲むと飽きます。
それに同じ葡萄品種のものを繰り返すとまた飽きます。

どんなに気に入ったものだからといって、同じものを続けて飲まれる方は少ないのではないでしょうか?

まとめ買いしても毎日飲むためではなく、徐々に好きな時に空けようと思って買っているだけだと思います。

ということは、ワインが好きな方のセラーには、いろんなタイプのワインが入っていることになります。

シチュエーションや料理、お腹の具合と相談しながら、いつもベストに近いワインをチョイス。

本当に面白い飲み物です。飽きさせてくれます。
レストランでもグラスでいただいた時に、同じものを何杯もいただいたりしません。常に変化を求めます。

やったことはないですが、マルゴーやラトゥールでも毎日飲むと飽きるのでしょうか?ロマネコンティでも?

飽きるということは変化を求めることなので、マーケティング的には面白い商品なんだと思います。銘柄決まっているというほうが稀なのかもしれません。

でもワインを飲むこと自体はまだ飽きていません。飽きないと思います。
飲むことは飽きない、飽きるのは商品。

深く知るためには、飽きないことも大事ですが、飽きることも大事なのかも?

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。



タグ:ワイン
posted by ノムリエ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

ポトフで野菜を採る

野菜不足は痛感していますが、
いつも生野菜が多いです。

キャベツにレタスが主?

これでは・・・

昨日は、久々のポトフ。。。

たっぷりと野菜をいただきました。

食べながら考えていましたが、ポトフのような食べ物の場合、
どんなワインでも合いそうな感じがします。

スパークリングに赤ワイン、白ワインでもOKでしょう。

野菜は、生の状態ではなかなかワインの相性は良いとは言えませんが、
煮込むとバッチリです。

簡単にできて健康的な食卓に早変わりです。

でもやっぱり軽めのワインの方が良いかも???

シラー100%の
シャトー・ド・サン・コム・コート・デュ・ローヌ 2006
では少し重たすぎました。

飲食業界でも次のマーケットは野菜とか?
健康志向が発展して野菜を上手に提供したところが流行るとか?

家でも研究して行こうと思います。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




posted by ノムリエ at 07:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

イタリア赤ワイン騒動

イタリア赤ワインの高級銘柄「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」に別品種の葡萄が混入?

ワイン醸造で禁止されている砂糖の使用をごまかすため、国内販売用の安価なワインに、微量の硫酸などが添加されていた事例も浮上とか???

この記事を見て、ワイン通の人はどう動くのでしょうか?
ワインショップはどのような対応をされるのでしょうか?

ワインショップからのメルマガを見ていますと、何ら説明はないみたいですが・・・

やっぱり少し評価は下がってしまうような気がします。

食に対する安全がかなり厳しく叫ばれるようになっています。
安全ばかりでなく、偽装に関しても厳しい目で見られるようになっています。

ワインそのものが健康を害することはないとは思うのですが、嗜好品である以上、商品を信じて楽しみたいです。その楽しみに傷が付くと、不快感に代わるのでは?

でも今回の件は、もっと情報が欲しいと思います。
悪い意味ではなく、もっとイタリアワインを勉強したくなりました。
何が悪くて、引っかかっているのか?

でもワインを楽しむ人をがっかりさせないでほしいです。
ずぅっと信じて飲んできたのですから・・・

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。



posted by ノムリエ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

新入社員歓迎会&お花見シーズン

桜の花の下で、乾杯!

ビールに缶チューハイ、日本酒。

もう何度も経験していますが、この前テレビを見ていますと、
ワインやシャンパンのハーフボトルを花見用として提案されていました。

グラスに入れずに、そのままくっついて飲むみたいです。
えっ〜

美味しいのかなぁ?

ちょっと無理しているような感じもするのですが・・・

早く酔いそうです。

当然、コルクよりもスクリューキャップが良いと思うのですが、
そこまでしてワインを飲まないといけないのか???

個人的には、2次会あたりでゆっくりとワインをいただきたいです。

それに花見の席に瓶を持ち込むと後始末がたいへんです。
くれぐれもワインの瓶は放置しないよう、持って帰りましょう。

アマゾン版自由にワインを楽しむへどうぞ!!


いつも自由にワインを楽しむを読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




posted by ノムリエ at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

【ワインの値下げ戦略を予想する】ガソリン値下げでパニック?ワインの値下げは?

昨日は、テレビを見ていると凄い光景でした。
価格が下がると購買力が上がるのは理屈ではわかっていましたが、
ガソリンにあそこまでパワーがあるとは?

中身はどこで買っても同じという安心感のある商品は価格反応率は高いですね。

ワインの値下げはないのでしょうか?
カリフォルニアのワインが下がるとか下がらないとか言っていたのは、
どこへ行ったのでしょうか?

何軒かスーパーやワインショップを回ったのですが、
うちの近くではどこも実施されていませんでした。

楽しみにしているのですが・・・

ただし、ワインの場合、価格が2割、3割安くなったからといって買いだめするでしょうか?
私の場合、1回あたりの購入金額は約1万円強です。
せこい話ですが、送料が無料になるからです。
多くても2万円までです。
だから購入金額は変わりません。
ワインを飲まない方までもが買われるとは思いません。ましてやパニックになるようなことはないのでは?

また、一度に大量に購入したとしてもガソリンではないので消費に時間がかかります。
だからワインショップは、一度安くしてたくさんワインを売ってしまえば、次に売れるまでに日数がかかります。ワインショップとしてのメリットはないかもしれません。

仕入れ面でも今抱えている在庫よりも安く仕入れることができる間は、古い在庫は売ってしまった方が経営的には楽なはずです。ところが、それほど安くなっていないのでは?

つまり、ワインを安く販売しても価格反応率は低く、購買につながったとしても反動として売れない日が続くかもしれない。
ワインショップにあまりメリットがないということは、値下げはないのかなぁ?

ワインの場合、単品ごとの価格よりも、世の中の時流の変化の方が、購買を促すのではないでしょうか?○○○ブームがやっぱり、ワインショップにとってはメリットがあるのでしょう。

それとワイン好きの方は、いくら安くなったからといって、信頼しているお店からでないと買いません。これまた難しい問題が潜んでいると思います。
同じ商品でも保管状態や輸入状態を気になさる方がおられます。

いずれにせよ、値下げでワインはパニックにはならないという予想になりました。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





posted by ノムリエ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワイン通販 | ハワイの水 | PTSトラベルナビ | にょきにょきバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。